桃源の薬(白翼山綺談)

コバルト文庫

山本瑤

2008年7月31日

集英社

481円(税込)

ライトノベル

白翼山で、方士のインシェンと暮らす招凛花。ある日凛花は、野で横たわる美女を見つける。心配して館に連れて帰ると、女はインシェンを露骨に誘惑して…(「紫苑の乙女」)。凛花に思いを寄せる天馬のシロ。かなわぬ想いに悩んだシロは、ついに家出をしてしまう…(「天馬の憂うつ」)。「桃源の薬」シリーズのキャラクターが大活躍する5つのストーリーを収録したスペシャル短編集。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

2

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください