忘れられた花と人形の館

霧の街のミルカ

コバルト文庫

青木祐子

2008年10月31日

集英社

523円(税込)

ライトノベル

二十世紀初頭、秋のロンドン。十七歳の少女ミルカは結婚を控えた令嬢の話し相手になるため、郊外の館を訪れた。由緒ありげな大きな館には不似合いの若い執筆スティーヴン、よそよそしい使用人たち。その上令嬢キャロラインの婚約者はなぜか彼女の行動を監視しているようで…。ミルカは渋るスティーヴンを巻き込み、持ち前の明るさと機転で館の謎を追う!?英国ロマンティックミステリー。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

3

読書中

0

既読

1

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください