そして花嫁は恋を知る(白銀の都へ旅立つ姫)

コバルト文庫

小田菜摘

2008年10月31日

集英社

544円(税込)

ライトノベル

かつて栄華を極めたブラーナ帝国は、いまや攻め滅ぼされる危機に直面していた。世継ぎの皇女アグライアは、援軍を頼むために北のフレンドル公国へ赴く。現在の最高権力者、前大公の嫡男ユーリは、ある条件つきで了承した。その条件とは、彼とアグライアが結婚することー。ユーリの狙いはブラーナ帝国の併合か?危ぶむアグライアに、彼はこう告げた。この婚約はいずれ解消する、と…。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstar 2

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

3

未指定

5

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください