嘘つきは姫君のはじまり(姫盗賊と黄金の七人 前編)

平安ロマンティック・ミステリー

コバルト文庫

松田志乃ぶ

2009年7月10日

集英社

586円(税込)

小説・エッセイ / ライトノベル / 文庫

「有子姫が、消えたはずの大姫を市で見かけたー。」そんな思いがけない報せを受けた宮子。神隠しを装い、身分違いの恋人と京を離れたはずの大姫が、なぜ市にいたのかー。真相を探るため、宮子は馨子たちと市に出るが、そこで偶然、美貌の女盗賊・竜田と再会する。大姫の恋人について何か知っている様子の竜田に協力を頼む宮子。しかしそれは、予想もしない大事件への入り口だった…。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

3

未指定

6

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください