嘘つきは姫君のはじまり(寵愛の終焉)

平安ロマンティック・ミステリー

コバルト文庫

松田志乃ぶ

2010年8月10日

集英社

586円(税込)

小説・エッセイ / ライトノベル / 文庫

『一生に一度の、ぼくのただひとりの恋人だ』妃になって欲しいと、次郎君からはっきりと求婚された宮子。藤壷の中宮が倒れるという不慮の事態に後宮中が騒然とする中、宮子は考えていた。次郎君がどれほど真剣に自分を想ってくれているか。そして、重大な秘密を抱える自分の存在が、彼にとってどれほど危険かを。後宮からー彼の側から離れることが、自分にできる唯一の選択ではないかと。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

2

未指定

8

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください