うさぎ姫の薬箱(で、出た〜!あやかしだらけのお)

コバルト文庫

長尾彩子

2013年6月30日

集英社

594円(税込)

ライトノベル

奈良の薫りが残る平安初期ー。玉櫻咲良は、この春に医学を修めたばかり。年中、鼻炎に悩まされており、花粉にやられて目も赤くなるため、「うさぎ姫」とからかわれるような、ややまぬけな医師の卵である。生まれつき霊力のある咲良は、この度、呪禁師として妖たちの診察や施薬にあたることになる。だが、相棒となる火夏は美形だが愛想が悪く、そのほかの仲間もクセのある顔ぶればかりで…!?

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstarstarstar 5

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

4

未指定

10

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください