うさぎ姫の薬箱(おそろしや最凶巫医のお出ましだ)

コバルト文庫

長尾彩子

2013年10月1日

集英社

649円(税込)

ライトノベル

呪禁師に任官されてから一か月あまりー。医師としてはひよっこながらも、相棒の火夏と一緒に、咲良は充実した毎日を送っていた。人と同じように、病や怪我、そして恋に悩む妖たちの助けとなれることに喜びを感じるのだ。そんなある日、一人の美少女が咲良を訪ねてくる。花崗と名乗る少女は突然「呪禁師の座を私に譲ってよ」と言い放ち…!?一方、花崗が男であることを見抜いた火夏は…!?

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

5

未指定

5

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください