銀の海金の大地(4)

コバルト文庫

氷室冴子

1993年3月31日

集英社

502円(税込)

ライトノベル

御影と真澄のために病にきく薬草をとりに山へ入った真秀は、佐保彦の妻問いの話を立ち聞きして、驚きをおぼえた。そのとき、黒ずんだ鹿の皮衣をまとい刺青をした男に口を塞がれ、「王子への恋は、禍つ恋だ。一族を滅ぼし、いのちを奪う恋だ」と忠告された。男の名は波美王ー。狙った者は必ず殺すという闇の猟人だった。一方、燿目は真秀、真澄、御影の3人を焼き殺す機会を狙っていた…。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

3

読書中

0

既読

6

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください