銀の海金の大地(8)

コバルト文庫

氷室冴子

1994年7月31日

集英社

481円(税込)

ライトノベル

真秀が自在に真澄の霊力をひきだせるようになった今、追いつめられた美知主は佐保彦に取引きを申し出る。佐保彦が歌凝姫を妻問えば、佐保にとって「滅びの子」である真秀たちを美知主が始末するというのだ。重大な岐路に立たされ、迷う佐保彦。一方、真秀は真澄と御影を連れ、ついに大和へ向かう決意を固める。どんなことをしても真秀を息長から逃さぬため、美知主は非情な命令を放つが…。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

3

読書中

0

既読

7

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください