碧眼の少年(後編)

魅魎暗躍譚

集英社スーパーファンタジー文庫

前田珠子

1991年8月31日

集英社

618円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

人質にされている姉・美濃の安全のために父の敵・末黒野淡路への復讐心をかくしていた夕月夜隠岐。だが志摩までが魔性の女に拉致されていまった今、隠岐は反撃の計画をたてていた。一方そんな冷静な隠岐に反発しながらも、碧眼の少年・甲斐は自分の髪と眼の色を奪った者の手がかりが志摩を攫った魅魎のシャマライトにあるように思え、隠岐と手を組むことにした。志摩を救い出すべく、秘剣「月守の太刀」を手に淡路の屋敷にむかう甲斐たち。だがそこには邪悪な力の敵が待っていた…。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

2

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください