月読見(つくよみ)の乙女(前編)

魅魎暗躍譚

集英社スーパーファンタジー文庫

前田珠子

1992年11月30日

集英社

502円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

月乃守家が支配する照り葉大陸。その一族の姫君・遠江は菘国の山中に乳母の不破とひっそりと暮らしていた。その髪も瞳も、月乃守家直系の証の銀色の、雪のような美少女だった。そんなある日、母親・桔梗の方から文が届く。「会わせたい人がいるから、桔梗の街へもどっておいで」。どうやら強国菖蒲の国守・氷雨家の若君と結婚させるつもりらしい。銀髪を黒に染めて桔梗へむかう遠江は、旅の途中志摩という少女を助け、更に5年近く行方不明だった異母兄と会うことになる…。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

2

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください