フェミナ炎上

プリンセス・ミネルバ3

集英社スーパーファンタジー文庫

舞阪洸 / レッド・カンパニー

1994年4月30日

集英社

502円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

ディアバレー辺境国で、軍が絡んだ組織的な誘拐事件に巻き込まれたプリンセス・ミネルバと親衛隊のメンバーたち。王宮武術師範ヤァ=マハと王宮情報部員ラングの協力を得、ブルーモリス救出のためには「裸も辞さない決意」をして、身代金の受け渡し場所へと向かうのであった…。一方、謎の魔術士ダイナスターも、連絡が途絶えた部下・プレシジョンの捜索のためにディアバレーを目指していた。が、その途中、地を揺るがすような爆発音が響く。その方向にはフェミナという街があった。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

3

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください