夏嵐(からん)

緋の夢が呼ぶもの

集英社スーパーファンタジー文庫

朝香祥

1996年2月29日

集英社

502円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

大海人は宝姫大王と田村大王の次男である。生まれつき病弱なため、遠く尾張で静養生活を送ってきた。そのせいか、宮中でもぼんやりしており、笑い者になることもしばしば。誕生の直前、異父兄にあたる漢という子供の溺死事件が起こり、その呪いを受けたのだ、と噂されていた。だが、この春から大王に仕え始めた十五歳の少女・額田には、彼がただの愚者であるとは思えなかったー。折しも、権勢を誇る蘇我入鹿とそれに反発する大海人の兄・葛城との対立が深まりつつあった…。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

4

読書中

0

既読

1

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください