銀の海金の大地(9)

コバルト文庫

氷室冴子

1995年1月31日

集英社

440円(税込)

ライトノベル

母・御影の死は近い。その死を安らかに迎えさせるため、真秀は真澄とともについに佐保を訪れた。“滅びの子”の出現に戸惑う佐保。かつての予言を証しするかのように、次々と禍々しい出来事が佐保に襲いかかる。他族を容易に寄せつけぬ佐保のしきたりを破って、中毒した大王を迎え入れ、さらには佐保姫が何者かにさらわれた。誰が、なぜ、何の目的でー佐保の運命が大きく動きはじめていた。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

3

読書中

0

既読

6

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください