黄昏の館

レィティアの涙

コバルト文庫

高遠砂夜

1995年5月31日

集英社

440円(税込)

ライトノベル

ある夜、ユーザの姿が消えた。行方を捜すユリエとカイは、ユーザをさらったのが、伯爵家の美しい姉妹であることを知る。姉のフラナーゼは、領主であった夫を亡くしている若き未亡人。妹のルシーラが、姉に代わって館を動かしている。だが、姉妹が住む館については、数年前からよからぬ噂が流れていた。しばしば左右の瞳の色が異なる人間が連れこまれ、誰も戻って来た者はいないという…。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

1

未読

2

読書中

0

既読

0

未指定

0

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは2文字以上で検索してください