海風の笛

レィティアの涙

コバルト文庫

高遠砂夜

1995年9月30日

集英社

481円(税込)

ライトノベル

濃い霧に覆われた海上で、不思議な笛の音を耳にしたユーザ。甲板では、水夫達が音色に誘われて次々に海に飛び込んでいた。ユリエとカイも海に落ち、そこに現れた巨大な魚にカイはさらわれてしまう。-目覚めたカイを取り囲んでいたのは、多勢の若い女達だった。『ムーア族』と名乗った彼女達は、女だけの一族だという。一方、漂流したユーザとユリエは、男だけの一族に助けられていた。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

1

未読

2

読書中

0

既読

1

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください