天使のかけら

禁断のウィスパー黎明編

コバルト文庫

さいきなおこ

1996年1月31日

集英社

481円(税込)

ライトノベル

葵は祖父である斎財閥オーナーの申し出で、中学入学時代から斎家に行くことになった。葵の役目は、従兄弟の紫生の友人兼世話役。紫生は、祖父が宮司を務める神社の巫女で、尊敬を込め「紫生様」と呼ばれていた。斎家のある町には鬼伝説が残っており、紫生は鬼封じの血統だと言う。半信半疑の葵だが、不気味な殺人事件が起こり…。中学生時代の紫生と葵を描く『禁断のウィスパー』黎明編。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

3

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください