薔薇の剣

コバルト文庫

ゆうきりん

1996年3月31日

集英社

502円(税込)

ライトノベル

薔薇の紋章は、ラグランド王国の騎士団において、ただ二人に許される騎士の中の騎士の証だった。ウォルシュ卿の息子・金髪碧眼のスターリングと、シューティングスター家の養子で闇色の髪を持つクラウスは、幼い頃の誓いにより、薔薇の騎士を目指して剣の修練に励んできた。薔薇の騎士を決める試合に出場することになって祝杯をあげた二人だったが、スターリングが謎の刺客に襲われ…。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

2

読書中

0

既読

0

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください