新世界(鍵をひらく少女と皇子の青玉石)

コバルト文庫

本沢みなみ

1997年9月30日

集英社

481円(税込)

ライトノベル

大陸中でいちばんの勢力を持つ「青き王国」エリスニア。少年盗賊のルーイは、貴族の屋敷から一人の少女をつれ出した。少女はリリアと名付けられ、ルーイたちと暮らすようになるが、一言も喋ろうとしなかった。平和な暮らしも束の間、リリアは青年将校シキによって奪回されてしまう。ルーイは傭兵のカイから、リリアが「新世界」への鍵を握る「鍵見の少女」かもしれないと告げられるが…。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください