ファントム・ペイン

影の王国3

コバルト文庫

榎木洋子

1998年6月30日

集英社

460円(税込)

ライトノベル

月留は夢を見ていた。弟王子を逃がしたことが発覚して、月の王の前にひきだされた兄王子・白藍の夢だ。王の手が兄の胸を突き刺した時、月留は自分の悲鳴で目をさました。家に帰る途中、瞳は白い服の青年に話しかけられた。青年は「きみが望む者ー賢者。きみだけのための答えを示す者」と名乗り、白日夢のように姿を消す。一方、月留は月哉を呼び出し、月の王を倒す計画をもちかけるが。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

4

読書中

0

既読

2

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください