虚飾の檻(前編)

竜の眠る海

コバルト文庫

金蓮花

1998年7月31日

集英社

460円(税込)

ライトノベル

カディア皇帝ダーシャを乗せた『金の頂号』が、イゾリア港に到着した。暴風雨にあって遭難し、エシャンテ王国に流れつくという苦難の航海の末だった。タニミナとともに、お忍びで港に駆けつけたリューイ、ジェイ、ガイゼル。だが、ダーシャと再会したリューイは、彼の言葉に奇妙な違和感を覚えた。そしてダーシャが発したのは「ノーイ王女を妃に迎えたい」という裏切りの宣言だった…。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

2

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください