龍は夜を抱く

コバルト文庫

真堂樹

1998年7月31日

集英社

565円(税込)

ライトノベル

青龍の後見について、ようやく『黒龍』と対面したマクシミリアンだが、『黒龍』はのらりくらりと返答を避けるばかり。その様子からマクシミリアンは、『黒龍』は無能を装っているだけではないかと疑いを抱いた。一足先に白龍に戻った飛は、市街でつまらないいざこざが起きていることを知る。が、悩みのあまり花路に心を砕けなくなっている自分に気づいて…。緊迫の四龍島シリーズ第14弾。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

0

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください