花残月

コバルト文庫

朝香祥

1999年9月30日

集英社

565円(税込)

ライトノベル

中国、後漢時代。十四歳の孫策は最近、親友の周瑜の姉・蓮を前にするとなんだか妙な気持ちになってしまう。ある日、孫策と周瑜は野盗に襲われていた少女を助けた。城市ではここのところ野盗騒ぎが頻発しており、府の人間も頭を悩ませているという。仲間たちを誘って退治にのりだしたふたりだが、そんなとき蓮が離れていってしまうことになり…。大人気、朝香版三国志シリーズ。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

2

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください