赤の神紋(第2章)

コバルト文庫

桑原水菜

1999年11月30日

集英社

565円(税込)

ライトノベル

宿敵とも言える天才演劇家・榛原憂月の芝居の舞台に立たせないために、自室にケイを監禁し、最後の最後に彼を解放した響生。ケイは捨て身の演技で賞を受賞する。ケイを榛原から遠ざけつつ、響生は彼を自分の“魂の体現者”にすることを願う。だが、受賞を機に演劇界の注目を引き始めたケイのもとに、大きな一歩となり得る誘いが舞い込んだ。それは、有名演出家による準主役の話だったが。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

2

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください