神々の権能を操りし者 〜能力数値『0』で蔑まれている俺だが、実は世界最強の一角〜

ダッシュエックス文庫

/ 桑島 黎音

2021年8月25日

集英社

748円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

『能力者』と呼ばれる超常の力を持つ者が現れだして百余年。時を同じくして出現した異形の怪物によって世界は混沌に満ちていた。残念ながら怪物には現代兵器は無力で、能力者の力だけが頼りとなり、いつしか能力の強さを示す“能力数値”が社会的な地位や名誉に大きく影響するようになっていた。そんな世界で生きる柳隼人の数値は、なんと『0』。おかげで無能力者として虐げられて生きてきた隼人であったが、実は彼には簡単に怪物を捻じ伏せる別次元の力が秘められていたのである!!少年の真価が発揮されたとき、世界が放っておくはずがなくー。これは無能力とされた少年が、理不尽な世界に抗いながらも世界を救う物語。第1回集英社WEB小説大賞銀賞受賞。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください