花は後宮に燃ゆる

龍王は貴妃を濡らす

シフォン文庫

立夏さとみ

2013年3月31日

集英社

649円(税込)

小説・エッセイ / ライトノベル / 文庫

栄華を極めた央華国の隆王朝。その後宮に入り込んだ商家の娘、朱花。いとこの身代わりとして男装して出仕したのだが、課せられた仕事は幽閉された先代皇帝の見張り番だった。若くして廃帝に追い込まれた彼の名は劉絳牙。朱花は女だと一瞬で見破られ、唇を奪われる。女であることを思い知らされる、強引で、情熱的で、巧みなくちづけ。それは国を揺るがす恋の始まりー。波乱万丈の大河ラブロマン。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

6

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください