悪への招待状

幕末・黙阿弥歌舞伎の愉しみ

集英社新書

小林恭二

1999年12月31日

集英社

726円(税込)

エンタメ・ゲーム / 新書

頽廃の香り漂う江戸・幕末。現代の渋谷に遊ぶ若者ふたりをしたがえ作者ともどもその時代へタイムスリップ。「運命悲劇」の傑作・河竹黙阿弥の「三人吉三」をテキストにして、歌舞伎の愉しさをたっぷり味わってもらう趣向。「月も朧に白魚の…」などの名セリフを織りまぜながら、幕末の風俗、時代背景、歌舞伎をめぐる諸事情、そして江戸庶民の哀しみまでをも活写する。悪の魅力に酔いしれながら、歌舞伎が持つ力を現代に甦らせた、著者入魂の新しい歌舞伎論。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstar
star
3.6

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

kojongsoo8318

악의 초대장

starstarstar
star
3.6 2019年07月19日
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください