ギリシア神話の悪女たち

集英社新書

三枝和子

2001年1月31日

集英社

748円(税込)

人文・思想・社会 / 新書

ホメロス、ヘシオドス、アイスキュロスやソポクレス、エウリピデスなど、ギリシア神話の主役は男たちである。かのボーボワールも『第二の性』のなかで「英雄たちの運命のなかで女はただ第二義的な役割しか演じておらぬ」と嘆いている。しかし物語には表もあれば裏もある。裏からながめると、魅力ある悪女たちが…。毒薬を操るメディア、権力を持つクリュタイメストラ、絶世の美女ヘレネ、邪恋の王妃パイドラ、父を殺して結婚したヒッポダメイア、母子相姦の汚名を着た王妃イオカステ、邪教に堕ちた母アガウェ、集団で夫を殺すダナイデスなど、悪女と呼ばれる女たちの魅力に迫る。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

2

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください