日本人の心臓

集英社新書

石川恭三

2001年2月28日

集英社

726円(税込)

美容・暮らし・健康・料理 / 新書

狭心症、心筋梗塞といった虚血性心臓病は、今や日本人の心臓病の大半を占めている。先進国に比較すれば、わが国の罹患率はきわめて低いといえるものの、予断を許さない。その原因である動脈硬化を促進させる危険因子(高血圧、高脂血症、喫煙、糖尿病、ストレス、肥満、運動不足)が、蔓延してきているからである。本書は日本人の心臓に焦点を合わせ、日常遭遇する種々の問題点について多くの実例をあげ、詳述する。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください