陰陽師

安倍晴明の末裔たち

集英社新書

荒俣宏

2002年12月31日

集英社

748円(税込)

人文・思想・社会 / 新書

安倍晴明をはじめ、日本の歴史に深く関わってきた陰陽師の謎に満ちた役割とは?彼らがどのように日本を動かし、日本人の生活や心に大きな影響を及ぼしたのか。戦国時代には土木の天才、秀吉を陰で支えた技術者集団だったのではないか。また明治維新の成功にその謎のネットワークが動いたのではと、著者は陰陽師の歴史をひもときながら大胆な仮説を展開していく。そしてついに現代に生きる陰陽師に会いに出かける!『帝都物語』をはじめとする荒俣ワールドの真骨頂ともいえる作品。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstar
star
3.6

読みたい

0

未読

2

読書中

0

既読

10

未指定

19

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

(無題)

starstarstar
star
3.2 2019年11月18日

陰陽師を荒俣宏らしい視点で解説。現在に至るまでその末裔が生き残っているのが驚き。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください