「文系学部廃止」の衝撃

集英社新書

吉見俊哉

2016年2月17日

集英社

836円(税込)

人文・思想・社会 / 新書

大学論の第一人者による緊急提言!大学は、何に奉仕すべきか?迷走した廃止論争の真相と、日本を救う知の未来像。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstar
star
3.6

読みたい

4

未読

4

読書中

0

既読

16

未指定

16

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

価値の創造

starstarstar
star
3.2 2021年01月03日

国立大学の文系廃止論から大学のありかたを考察。国立大学は従来よりすぐに直接役立つ理系偏重ではあったが、そこに文系の果たす役割を考察すると、究極には「価値の創造」であり、目的に対する価値を探求する理系と比べると目的そのものの価値をロングスパンで探求する文系の役割は価値観が多様化し従来と変わりつつある現代にむしろ重要性は増してくだろう。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください