チア男子!!

集英社文庫

朝井リョウ

2013年2月28日

集英社

836円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

大学1年生の晴希は、道場の長男として幼い頃から柔道を続けてきた。だが、負けなしの姉と比べて自分の限界を悟っていた晴希は、怪我をきっかけに柔道部を退部する。同時期に部をやめた幼なじみの一馬に誘われ、大学チア初の男子チームを結成することになるが、集まってきたのは個性的すぎるメンバーで…。チアリーディングに青春をかける男子たちの、笑いと汗と涙の感動ストーリー。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(7

starstarstarstar
star
4.46

読みたい

17

未読

36

読書中

7

既読

138

未指定

102

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

変わりたいんだ

starstarstarstar
star
4.8 2020年05月13日

ボク、変わりたい。挑戦する前に諦める自分から変わりたいんだ。ねぇコーチ、ボクは本当にこのチームに入れて良かったよ。挑戦する前に諦めるボクから、さよならしたかったんだ。何度も何度も迷ったよ。でもボクの決断はね、間違ってなかったよ。毎日が楽しいと思えるようになったんだ。 「男子チア」「誰かを応援することが、主役になれる」「誰かの背中を押すことが、自分の力になる」大学の掲示板に貼られた黄色いチラシ。それが十六人を引き寄せた。 チアとは、戦うスポーツではない。団体戦なのは仲間が挫けそうになったとき、他の仲間が励まし支えられるからなんだ。世界でたった一つだけ、人との関わりの中で生まれた競技であり、誰かを応援するという姿勢が評価されるスポーツ。チアで大切なことは見ている人を笑顔にすること。一人一人のエンジンに、誰かの存在がある。皆、自分の姿を見てもらいたい人がいる。たった2分30秒。そこに全力の思いをぶつけたとき、チームは一つになる。終わったときに耳に届いた歓声、目に届いた会場いっぱいの笑顔。もし笑顔じゃない人がいるなら、次の2分30秒で笑顔にしてみせる。もっと高く跳んでみせる。すべての人の笑顔へ。 GO!FIGHT!WIN! 映画は結成7人までのお話でしたが、原作は十六人で本格的にチアをやります。自分たちも含めて全部の人を幸せにできるスポーツ。すごいと思いました。感動します。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください