白ゆき姫殺人事件

集英社文庫

湊かなえ

2014年2月28日

集英社

660円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

化粧品会社の美人社員が黒こげの遺体で発見された。ひょんなことから事件の糸口を掴んだ週刊誌のフリー記者、赤星は独自に調査を始める。人人への聞き込みの結果、浮かび上がってきたのは行方不明になった被害者の同僚。ネット上では憶測が飛び交い、週刊誌報道は過熱する一方、匿名という名の皮をかぶった悪意と集団心理。噂話の矛先は一体誰に刃を向けるのか。傑作長編ミステリー。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(106

starstarstar
star
3.47

読みたい

71

未読

105

読書中

9

既読

982

未指定

699

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (3)

misaki

(無題)

starstarstar
star
3.2 2017年05月30日

本の後半の資料をついつい読み込んでしまいそうになるのを我慢しながら、本編を読み進めました。 他人から見た自分とは、いったい何者なのか?どうして、見る人によって見え方が違ってしまうのか? 自分以外の人間に目を向けることで、改めて自分を見つめることの大切さを感じました。

全部を表示

Readeeユーザー

(無題)

starstarstarstar
star
4.1

世界は個の集まりなんだと実感。 自分と全く同じことを、考えてくれる他人はおらず。 小学生の頃に言われた「相手の立場に立って考えましょう」という言葉が身にしみます。 自分の思いが、そのまま他人に伝わることは無く、その印象も環境や状況によって変化していく。 そして、この話もあり得なくない話。 取材形式の文章とその記事やSNSを読み比べながらというのも、それぞれがどう思っていたかがよくわかる。 この話に関して言えば、悪意のある伝言ゲームになってしまったというところなのかな。

全部を表示

Readeeユーザー

湊かなえはいいけど

starstar
star
2.3 2018年12月05日

湊かなえはいいけど設定がついていけなかった。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください