ヒア・カムズ・ザ・サン 東京バンドワゴン

集英社文庫(日本)

小路 幸也

2017年4月20日

集英社

814円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

明治時代から続く古本屋を舞台にした“東京バンドワゴン”シリーズは、皆様に愛されてついに第十巻目!さて、今回のお話は、真夏の幽霊騒動、そっと店に置き去りにされた謎の本をめぐる珍事、そして突如湧き起こる我南人引退危機!?や研人の高校受験の顛末など、笑いと涙の全四編。堀田家恒例の全員勢揃いの騒々しい朝食シーンや、初公開の堀田家の正月もお楽しみ。結局、「LOVEだねぇ」!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(10

starstarstarstar
star
4.29

読みたい

9

未読

8

読書中

0

既読

78

未指定

70

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

騒がしくも懐かしい古書店

starstarstarstar
star
4.3 2020年04月08日

東京バンドワゴンシリーズの9巻10巻です。 堀田家のすでに亡きサチさんの語りで始まる毎度東京バンドワゴン古書店のお話です。サチさんの古き良き風情ある丁寧な語り口調は、優しい気持ちでいっぱいになります。 最近は堀田家のメンバーもどんどん増え、ご近所さんや幼馴染も、堀田家を我が家のようにご飯食べに来たり出入りするもんですから、全員を把握するのが大変になってきましたねぇ。 曾孫世代も高校受験中だったり、幼稚園やら通うようになったり、ずいぶん騒がしい毎日になってきてます。 ニャーたちの老猫2匹との悲しいお別れ、死に際は見せないという猫の行動に涙し、新しい2匹との素敵な出会いにほっこりしたりもありましたよ。 本のあちこちに散りばめられた、教訓のような言葉を見つけるたびに、家族の大切さや、当たり前の幸せに気が付かなくなっていることだったり、考えさせられることや、救われることが多いです。 ここ2冊は何十年も昔のサチさんのみやびな方々にも関係するらしい?秘密に関わる事がいよいよ公になるのかと思ったんですが、堀田家の皆さん全力で回避しましたね。いざってときに一致団結できる家族はそうそうない気がします。 家族でありながら他人。一緒に住んでるけれどもよく知らない知ろうとしない集団。なんだか寂しいですね。 我が家はまだ子供がオチビサンなのでもうちょっと大きくなって自己表示しだしたとき、悩んだとき、困ったとき、嬉しいとき、一緒にそういう感情なりを感じて、年齢関係なくお互いに支えたり支えられたりする関係になれるようになりたいな。なれるように努力ですね。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください