永遠の出口

集英社文庫

森絵都

2006年2月28日

集英社

616円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

「私は、“永遠”という響きにめっぽう弱い子供だった。」誕生日会をめぐる小さな事件。黒魔女のように恐ろしい担任との闘い。ぐれかかった中学時代。バイト料で買った苺のケーキ。こてんぱんにくだけちった高校での初恋…。どこにでもいる普通の少女、紀子。小学三年から高校三年までの九年間を、七十年代、八十年代のエッセンスをちりばめて描いたベストセラー。第一回本屋大賞第四位作品。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(23

starstarstar
star
3.63

読みたい

36

未読

30

読書中

5

既読

185

未指定

130

書店員レビュー(1)
書店員レビュー一覧

森絵都「永遠の出口」

--
0
2019年12月27日

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください