ふたり歩きの設計図

集英社文庫

槇村さとる

2008年10月25日

集英社

523円(税込)

小説・エッセイ

初デートから10日後に結婚!?運命の出会いは42歳のとき。自立した男と女が一緒に暮らすようになって見えてきたこと。それはコミュニケーションの大切さ。甘え合ったり、依存し合うだけでは、やっていけない。キチンと自分のしたいこと、自分の思ったことを相手に伝える。それがふたりで暮らしていくためのルール。パートナーとの日々の体験をもとに、漫画の名場面を交えつつ、幸せになるためには、を考える。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstar
star
3.8

読みたい

2

未読

0

読書中

0

既読

3

未指定

7

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

種。

説得力がすごい!

starstarstar
star
3.8 2019年01月05日

じゃあ結局コミニュケーションって何?!という疑問を スパっとら言語化してくれている本で説得力もあるし、 好きで読んでいたマンガの引用もあって サクサク読めました。 結婚前に買って読んだ時は、「なるほど」とは思うけど じゃあ実際にどうしたらいいのか?という答えを 自分の中では具体的に出来ませんでした。 それから数年経って、この著者の「ふたり歩き」が 続いていることを他の著書で知り、その本を買い、 こちらを読み直しました。 知らず知らず実行してきたものだったり、 人と話していて不思議に思ったことなどが ちゃんと言語化されており、スッキリした読了感! 結婚前も響くものがあるし、結婚後も参考になることや 周りの人との付き合いにおいて参考になることがあります。 わたしはとてもとても読んで良かった本です。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください