幕末遊撃隊改訂新版

集英社文庫

池波正太郎

2009年6月30日

集英社

869円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

心形刀流・伊庭道場の後つぎ伊庭八郎。ある理由から剣ひとすじに生きると決め、精進を重ねてきた腕は、不羈の才と評判をとっていた。動乱騒擾の絶え間ない幕末を迎え、八郎は将軍上洛に伴って京へ。幕府の崩壊を目の当たりにし、江戸っ子侍気質そのまま、同士を募って遊撃隊を組織し、怒涛の進撃を続ける官軍に挑む。武士の矜恃を胸に、短く壮烈に生きた美剣士の意気地を雄渾に描く青春幕末秘伝。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstar 3

読みたい

2

未読

5

読書中

0

既読

4

未指定

13

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

あまり

(無題)

starstarstar 3.0 2021年07月10日

文章は簡明簡潔。読みやすいの一言だが、個人的にはなんだか物足りない。伊庭八郎は魅力的な人物だと思うので、もう少し濃く描いてもらいたかったか、ということろ。でも結構古い本であるようなので、仕方が無いかという気も。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください