ナンギやけれど…

わたしの震災記

集英社文庫

田辺聖子

1999年1月31日

集英社

419円(税込)

人文・思想・社会 / 文庫

神戸は起った。’95年1月17日未明に襲った未曾有の震災は、大きな被害とともに、人々が助け合う姿を世界に伝えた。「リベラシオン」も「光明日報」も「朝鮮日報」も競って、一つの暴動も一件の略奪も起こらなかったことを賞賛した。田辺聖子も「神戸」のために起った。ボランティアの活躍、冷静沈着な関西人の習性。それらを話し、書き残すために。これは愛の記録であり、感動の報告書である。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください