南海放浪記

集英社文庫

白石一郎

1999年12月31日

集英社

481円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

江戸は寛永半ば、若き日に生家を出奔した岡野文平は、息のつまりそうなこの地を捨て遠く海の彼方への飛翔を夢見ていた。そんな折りうまく御朱印船に乗り込み南へと向かうのだが…。東南アジア各地を巡った文平の旅は幕府の鎖国政策の完成期にあい、ついに再び日本の地に辿りつくことはなかった。大望に燃えた青年の数奇な一生を描いた海洋長編小説。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

2

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください