孤高の棋士

坂田三吉伝

集英社文庫

岡本嗣郎

2000年3月31日

集英社

628円(税込)

ホビー・スポーツ・美術 / 文庫

昭和12年2月。京都。対手は東の雄、木村義雄。坂田三吉は初手を受けて端歩を突いた。9四歩。これがいまなお伝説の空前の一手であった。天下分け目の対決でなぜ一手捨てたのか?50年の時を経て、著者がこの謎に正面から挑む。孤高の男、坂田三吉の実像をとらえ、棋界の近代史を描き、さらに関東と関西の文化の差異にも迫る!将棋ペンクラブ大賞受賞の入魂の長篇ノンフィクション。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください