甲州金

新・人斬り弥介

集英社文庫

峰隆一郎 / 宮里洸

2000年12月31日

集英社

565円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

甲斐の山中から武田信玄の埋蔵金が出たと噂を立てよー命じたのは大岡越前。増え続ける深川の浪人を一掃するべく弄した策であった。弥介と仁助は浪人たちを追って甲州裏街道に入る。だが、意外な事実を耳にする。埋蔵金が実在し、それを守護する黒装束の殺戮集団が現れたというのだ。その数、200…!時代小説の新たな地平を拓いた著者の遺稿260万枚に、異才・宮里洸が補筆。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください