蘆屋家の崩壊

集英社文庫

津原泰水

2002年3月25日

集英社

586円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

定職を持たない猿渡と小説家の伯爵は豆腐好きが縁で結びついたコンビ。伯爵の取材に運転手として同行する先々でなぜか遭遇する、身の毛もよだつ怪奇現象。飄々としたふたり旅は、小浜で蘆屋道満の末裔たちに、富士市では赤い巨人の噂に、榛名山では謎めいた狛犬に出迎えられ、やがて、日常世界が幻想地獄に変貌するー。鬼才が彩る妖しの幻想怪奇短篇集。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstar 3

読みたい

5

未読

12

読書中

0

既読

7

未指定

15

書店員レビュー(1)
書店員レビュー一覧

津原泰水「蘆屋家の崩壊」

--
0
2019年12月18日

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください