天切り松闇がたり(第1巻)

集英社文庫

浅田次郎

2002年6月25日

集英社

572円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

夜更けの留置場に現れた、その不思議な老人は六尺四方にしか聞こえないという夜盗の声音「闇がたり」で、遙かな昔を物語り始めたー。時は大正ロマン華やかなりし頃、帝都に名を馳せた義賊「目細の安吉」一家。盗られて困らぬ天下のお宝だけを狙い、貧しい人々には救いの手をさしのべる。義理と人情に命を賭けた、粋でいなせな怪盗たちの胸のすく大活躍を描く傑作悪漢小説シリーズ第一弾。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(6

starstarstarstar
star
4.65

読みたい

19

未読

17

読書中

0

既読

66

未指定

87

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください