呉・三国志(4(赤壁の巻))

長江燃ゆ

集英社文庫

伴野朗

2003年4月22日

集英社

712円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

呉の孫権は孔明の説諭に動かされ、蜀の劉備との連合軍を結成した。一方、荊州を席巻した魏の曹操は勢いを得て、南征を発令する。長江制覇に八十万もの大遠征軍を組織したのである。呉将は必ず投降する、と曹操は勝利の笑みを浮かべたが、その顔が凍り付いた。紅蓮の炎が自慢の水塞を襲おうとしている。世に名高い「赤壁の戦い」の帰趨は。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

4

読書中

0

既読

1

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください