死者はまどろむ

集英社文庫

小池真理子

1993年8月31日

集英社

534円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

美しい自然と信仰心厚い村人たちー。「夢見村」に魅了された間宮亜希子は一家でひと夏を過ごしにやって来た。小説家の夫はスランプを脱し、義母は優しくなった。ここは幸福をもたらす魔法の土地だった。偶然一家が異様な葬列と共同墓地を見た時から何かが狂いはじめる。ざわめく木立の隙間に、きらめく光の中に死者の影が忍び寄る。若い家族を恐怖のどん底に突き落とす怪異の連続。長編モダンホラー。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstarstar
star
4.2

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

12

未指定

7

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください