完全犯罪研究室

集英社文庫

由良三郎

1995年8月31日

集英社

680円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

ノーベル賞の呼び声高い、ガン特効薬の学会が迫った。前日、発表者である城南大学の瀬尾貴利教授が、脳出血で急逝。しかし、脳出血は巧みに偽装されたもので、殺害の疑いが強まった。当日は共同研究者である、妻のみさお助教授が代わりをつとめたが…。医者をも欺く死因の偽装は、完全犯罪を狙ったものだった。象牙の塔・医学部で起きた密室殺人事件を描く、長編ミステリー小説。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください