尾崎左永子の古今和歌集・新古今和歌集

集英社文庫

尾崎左永子

1996年4月30日

集英社

733円(税込)

小説・エッセイ / 人文・思想・社会 / 文庫

『古今和歌集』が王朝和歌の幕をひらき、『新古今和歌集』が幕をひいた。「久方の光のどけき春の日にしづ心なく花の散るらむ」「春の夜の夢の浮橋とだえして嶺にわかるる横雲の空」等々、どこかで聴いたことのある和歌の数々。降る雪に、きらめく露に、散りゆく桜に、人生の機微を詠いあげた王朝人の息づかいを識ることができる。名歌の世界が、現代語訳で拡がります。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください