利休と秀吉

集英社文庫

邦光史郎

1996年7月31日

集英社

748円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

十代末に茶の湯の道に入り、五十代で信長の、六十代で秀吉の茶堂となった利休。天下人・秀吉と利休は、にこやかな微笑みのなかに、美意識の壮絶な戦いを繰り広げる。やがて、後継者争いの渦中に投げ出されたとき、利休はどう身を処するか…。織田家に生まれ、秀吉のお伽衆を経て、江戸期まで生き延びた織田有楽斎の目が、二人の強烈な個性を見据える。人の生き方を現代に問いかける歴史巨編。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

0

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください