思いのままに生きて

私の文学的回想記

集英社文庫

宇野千代

1998年10月31日

集英社

440円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

文学少女だった二十代の始めに出会った、若き日の芥川龍之介、久米正雄、菊池寛、佐藤春夫、同棲し、別れた尾崎士郎、恋心を抱いた梶井基次郎、結婚し、離婚した東郷青児、恋こがれて再婚し、別れた北原武夫など、作家・宇野千代の周辺には、そうそうたる芸術家たちがいた。彼らとの交流は、著者の人生に大きな影響をあたえた。小説、恋愛、ビジネス、思いのままに生きて、綴った文学的回想記。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

4

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください