神々の流竄

集英社文庫

梅原猛

1985年12月31日

集英社

902円(税込)

人文・思想・社会 / 文庫

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

1

読書中

2

既読

3

未指定

12

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

あきら

(無題)

-- 2018年11月24日

マックス・ヴェーバーは支配を正当化する三つの要素として、「歴史的正当性」「カリスマ性」「合法性」を挙げている。『武器になる哲学』山口周 7世紀、律令制をはじめとして国造りを進める日本に必要だったのが、まさしく支配を正当化するこの三つなのだ。特に「歴史的正当性」を証明するのが古事記であり、日本書紀なのだ。その成立過程で歴史の片隅に追いやられた古来の神々。 梅原猛氏の本は歴史書というより小説のようだ。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください